イエカラ薬局 > お薬に関する記事 > 

ダイエット医薬品の中で副作用の少ない肥満治療薬2選と副作用の対策法

ダイエット医薬品の中で副作用の少ない痩せ薬2選と副作用の対処法

ダイエット医薬品は、ダイエットに苦労している方の大きな味方です。

普通にダイエットしていても中々結果が出ない、痩せても結局リバウンドしてしまうという方は結構多いのではないでしょうか。

ですが薬というからにはどうしても副作用が気になる方や、実際に以前利用した時副作用が強く出てしまったという方もいらっしゃると思います。

ここではそんなダイエット医薬品の中でも副作用が少なめの人気薬や、副作用をなるべく出さない為にはどうすればいいか、副作用が出てしまった時の対処法などをご紹介します。

オベリット(obelit)

オベリット60mg (obelit)の個人輸入

オベリット60mg(obelit)はゼニカル(ロシュ社)のジェネリック薬で、余分な脂肪分を便と一緒に排出するダイエット医薬品です。有効成分であるオーリスタットは、脂肪分の分解を防ぎ便と一緒に体外へ排泄してくれます。

▼優良価格セール!お薬の詳細や購入者の口コミもチェック▼

アルダクトン(ALDACTONE)

アルダクトン(ALDACTONE)の個人輸入

アルダクトン(ALDACTONE)は、ファイザー製薬のアルダクトンAのジェネリック医薬品です。元々は高血圧症の治療薬として使用されていますが、むくみを取る効果があり、ダイエット薬としてラシックスと同じくらい人気な利尿薬です。

今回おすすめするダイエット医薬品はこの二つになります。

どうしてこの二つがおすすめなのか、その理由も含めて解説していきますね。

ダイエット医薬品の副作用

ダイエット医薬品の副作用

まずはダイエット医薬品の副作用について確認してみましょう。

日本で良くダイエットに使用されている薬は、食欲抑制剤(サノレックスなど)・脂肪吸収抑制剤(ゼニカルなど)・利尿剤などがあります。

それぞれダイエットの効果が違いますので、副作用にも違いが出てきます。

食欲抑制剤の副作用

食欲抑制剤は、食欲を抑制することで食事の量を減らしてダイエット効果を得るというお薬です。

日本でも処方されており、マジンドール(サノレックス)というお薬が有名です。

主な副作用は、口の渇き、便秘、吐き気、嘔吐、睡眠障害、胃のむかつきなどが多く、他にも、頭痛、めまい、動悸、ふらつきなどの副作用も報告されています。

また、重篤な副作用として依存性や肺高血圧症が挙げられます。

特に長期間服用していると耐性がつき依存症におちいりやすくなってしまいます。

その為、サノレックスの利用は最長でも3ヵ月までと定められています。

脂肪吸収抑制剤の副作用

脂肪吸収抑制剤は、食べた食事の脂肪分を便と一緒に排出することでダイエット効果を得るお薬です。

食べたことをなかったことにする薬とテレビで紹介されたオーリスタット(ゼニカル)が有名です。

主な副作用としては、軟便やおならが増える、肌荒れくらいで基本的に安全なお薬ですが、油漏れやおならによる便漏れなどには注意が必要です。

肝機能障害や腎障害といった重篤な副作用も報告されてはいますが、ごくまれです。

利尿剤の副作用

利尿剤は根本的なダイエット効果はありませんが、むくみを取って身体のラインを細くしたり新陳代謝を上げる効果からダイエットに良く利用されています。

スマートドラッグと一緒に個人輸入規制対象となった、フロセミド(ラシックス)が特に有名です。

主な副作用は、頭痛、吐き気、嘔吐、睡眠障害、発疹、かゆみなどが報告されています。

また、薬が効き過ぎることで脱水症状を起こしたり、血圧が下がることによってめまいやふらつき、脱力感を起こすこともあります。

そのほか低カリウム血症や低ナトリウム血症などといった電解質の異常、アレルギー反応などの副作用も確認されています。

副作用の少ないおすすめダイエット医薬品

副作用の少ないおすすめダイエット医薬品

ダイエット医薬品は、種類によって副作用の強さや出やすさが違ってきます。

そんなダイエット薬の中でも、人気があり、副作用が比較的少なめでおすすめ出来る製品がこちらになります。

おすすめ1:オベリット

オベリット60mg (obelit)

有効成分 オーリスタット
価格 ¥6,090円
1錠あたりの価格 ¥203円

副作用の少ないダイエット医薬品の中で、最もおすすめなのはオベリットです。

オベリットはダイエット医薬品の中でも副作用のリスクが少ない、脂肪吸収抑制剤ゼニカルのジェネリック医薬品です。

そのゼニカルのジェネリックの中でも、副作用を気にするならオベリットが1番おすすめです。

ゼニカルやゼニカルのジェネリックは基本的に有効成分が120mgですが、オベリットの有効成分量はゼニカルの半分、60mgとなっております。

ゼニカルの薬剤はカプセルとなっており成分量を減らすというのが難しく、少ない成分量で副作用のリスクを抑えられるオベリットは非常におすすめなんです。

オベリットの口コミ紹介

◆ジェネリックのゼニカル安すぎだけど効果あるのー?と思ったけど脂ドバドバ出てヤバい。ジェネリックだからって疑ってごめん。 (20代/女性)

◆マルチビタミンを飲みながら美の為に飲んでいます。食事制限なしで半年で5キロ痩せました。 (30代/女性)

◆60mgでも自分はかなり効果を感じられたので、初めて飲む方は60mgから始めても良いと思います (40代/女性)

おすすめ2:アルダクトン

アルダクトン(ALDACTONE)

有効成分 スピロノラクトン
価格 ¥1,800円
1錠あたりの価格 ¥120円

オベリットの他におすすめなのがアルダクトンです。

アルダクトンは、カリウム保持性利尿薬アルダクトンAのジェネリック医薬品となっています。

ダイエット目的で多く利用されていた利尿剤のラシックスは即効性と利尿効果の高さが人気でしたが、効果が高い半面脱水状態になりやすい点や、低カリウム血症のリスクなどが問題視されていました。

その点アルダクトンは効果が穏やかですので規制されたラシックスよりも安心して利用することができます。

また、ホルモンバランスに作用し、ニキビや多毛症などの改善にも期待することができます。

アルダクトンの口コミ紹介

◆利尿剤なのにカリウムが排出されないところが魅力ですね。しかも脱毛も防げる! (20代/女性)

◆腎臓が丈夫ではないのでカリウムの排泄しすぎがきになっていました。アルダクトンに乗り換えます。 (30代/女性)

◆アルダクトンの50mgを4回に分けて飲んでいますがデトックス効果があるのか頻尿にはなりますがにきびは改善されました。 (40代/女性)

副作用をなるべく抑える為に気を付けたい飲み方

副作用を出さない為の薬の飲み方

ダイエット医薬品は種類によって副作用が大きく違います。

そしてどの薬にも言える事ですが、使い方次第で副作用のリスクは大きくなってしまいます。

ダイエット医薬品の副作用がなるべく出ないよう、安全に利用する為にはこれらに気を付けるようにしましょう。

服用量をコントロールする

ダイエット医薬品も、使いすぎると副作用は出やすくなってしまいます。

例えば中々痩せない焦りから薬の量を増やしたり、逆に痩せるのが楽しくなってエスカレートしてしまい薬を増やしてしまうケースも少なくありません。

副作用をなるべく出さない為には、薬の量や回数を少なくすることを意識しましょう。

例えばゼニカルは毎食時に1錠まで利用できますが、普段の食事ではなるべく脂質を抑えておいて、友人との食事や自分へのご褒美など、ここぞという食事の時だけ飲むようにするという使い方もありです。

利尿剤は基本的に錠剤ですので、ピルカッターなどで割って少量ずつ使用することも出来ます。

そうやって効果や副作用を見ながら量を増減してみましょう。

ただし、薬ごとに1日何mgまでと決められていますので、それは超えないように気を付けてください。

上限以上の量を飲むと、副作用がより強くなったり、予期せぬ副作用が出る恐れもあります。

利用前に医師に相談する

薬には、併用禁忌薬というものがあります。

サノレックスとMAO阻害剤、ゼニカルとシクロスポリン、利尿剤とタクロリムスなど、種類の異なる薬の組み合わせで危険な副作用が出るケースがあるのです。

また、飲まれる方の状態によっては服用すると健康を害してしまう場合もあります。

例えばサノレックスは精神障害を持っている方、ゼニカルは肝臓が悪い方、利尿剤は腎不全の方などの使用が禁忌とされています。

美容クリニックなど医師の処方の元で利用されるとこういった問題は起こりにくいですが、使った事のないお薬を個人輸入などで入手されるとこうしたケースにおちいることがあります。

何か持病を持っているなど普段の身体の状態と異なる方、他の薬を常用されている方などは特に、利用前に医師に相談するようにしましょう。

また、サノレックスやラシックスは現在個人輸入が禁止されており、これらを病院での処方以外で入手すると違法となってしまいますので万が一通販サイトで見かけても購入は控えてください。

ゼニカルの副作用対策

ゼニカルの副作用は身体の健康を害する意味での副作用は非常に少なく安心なお薬です。

しかし、油漏れやおならによる便漏れなどの副作用は下着や洋服を汚す恐れがあり、臭いが出るので周囲の人への配慮も考えると非常に厄介です。

対策の為、ゼニカル服用中は生理用ナプキンの利用をおすすめします。

外出時は代えのナプキンに余裕を持って、なるべく約1時間おきくらいには油漏れがないかトイレで確認できると理想です。

油が便器につくと流すだけでは取れ辛いので、トイレの利用時はティッシュを敷いて用を足すのもおすすめです。

また、脂溶性ビタミンが排出される油と一緒に出てしまいますので、お肌が荒れやすくなります。

肌荒れ対策としてビタミンのサプリメント併用がおすすめです。

利尿剤の副作用対策

利尿剤をダイエットに利用されている方に多いのが、水分補給を我慢しがちなことです。

せっかく利尿剤で体重が減ったのに、また水分を取ったら意味がないという理屈は何となく分かってしまいますよね。

しかし無理に水分を我慢していると脱水症状におちいりやすくなってしまいます。

また、水分が少ない状態が続くと身体が自然と体内に水分を溜め込もうとしてしまい、余計にむくみやすくなってしまって本末転倒です。

口の渇きを感じたら、適度に水分補給するよう心がけましょう。

利尿剤は体重を減らすというよりも、あくまでむくみを解消し、本来よりも太って見える身体のラインを元に戻す為という意識で使えばこのようなリスクは減らせるはずです。

ダイエット医薬品を飲んで副作用が出たときの対処法

副作用が出たときはどうすればいい?

ダイエット医薬品も薬である以上は、どんなに気を付けても副作用が出る時は出ます。

それが例えばゼニカルでおならが増えた、利尿剤で口が乾きやすくなったなど、そのお薬にありがちなそこまで気にならない程度の副作用であれば基本的に問題ありません。

ただし、明らかに身体の異常を感じた場合は必ず薬の使用をやめて医師の診察を受けて下さい。

サノレックスの離脱症状について

サノレックスを長く服用していて急にやめると、イライラ感、不安感、痙攣、幻覚などの症状が出ることがあります。

これは離脱症状といって、徐々に薬の量を減らしていけば大丈夫です。

サノレックスを使われている方は医師の処方の元で服用されていると思いますので、離脱症状が出た場合は必ず担当医師に相談するようにしましょう。

通販でダイエット医薬品の購入を検討している方への注意点

通販でダイエット医薬品の購入を検討している方への注意点

ダイエット医薬品は肥満治療に効果的な薬ですが注意点もあるのでしっかり読んで頂きたいです。

信用出来るのは医薬品専門の通販サイト!

知ってた?病院で扱う薬の大半は処方箋なしでも薬局や通販で購入できる

ダイエット医薬品は肥満治療に効果的な医療品です。当サイトは個人輸入代行サイトで、処方箋なしに購入する事ができますが、同じダイエット医薬品を取り扱う通販のサイトによっては、偽薬を販売する通販サイトや品質に心配があったり、問題があったりする場合があるようです。また、購入しても商品が届くかなども心配な意見もありますが、イエカラ薬局では高品質な正規品のみ取り扱っており、沢山の購入者の意見も届いております。購入された大切なお薬をしっかりとお届けしますのでご安心ください。

イエカラ薬局

副作用の少ないED治療薬を通販で購入する

オベリット(obelit)

オベリット60mg (obelit)の個人輸入

オベリット60mg(obelit)はゼニカル(ロシュ社)のジェネリック薬で、余分な脂肪分を便と一緒に排出するダイエット医薬品です。有効成分であるオーリスタットは、脂肪分の分解を防ぎ便と一緒に体外へ排泄してくれます。


<使用方法>

脂肪分の多い食事をする際に水またはぬるま湯と一緒に、1回1錠、1日3回まで服用してください。

<注意点 副作用>

個人差がありますが、排便の増加・軟便・下痢・おなら・胃もたれ・ビタミン不足による肌荒れ・脂漏れなどの報告を受けています。


▼優良価格セール!お薬の詳細や購入者の口コミもチェック▼

アルダクトン(ALDACTONE)

アルダクトン(ALDACTONE)の個人輸入

アルダクトン(ALDACTONE)は、ファイザー製薬のアルダクトンAのジェネリック医薬品です。元々は高血圧症の治療薬として使用されていますが、むくみを取る効果があり、ダイエット薬としてラシックスと同じくらい人気な利尿薬です。


<使用方法>

1日50mg~100mgを1~4回に分けて服用します。(例:50mgを1日2回など)女性の方で足の浮腫みを解消することが目的の場合は、まずは1錠から始めて様子を見ながら1回の量を増やすのもよいでしょう。

<注意点 副作用>

個人差がありますが、多尿、頻尿、のどの渇き、ふらつき、眩暈などが報告されています。


ダイエット医薬品の中で副作用の少ない痩せ薬まとめ

ED治療薬は元々重篤な副作用が少なく比較的安全なお薬です。

その中でも副作用が少ないのは、ゼニカルやアルダクトンAとこれらのジェネリックです。

特にオベリットアルダクトンは使い勝手がよく人気も高いのでおすすめです。

ただし、いくら副作用の少ないお薬を飲んでも使い方次第では強い副作用が出る恐れもあります。

なるべく副作用が出ないようにするためには使い方にも気を付けるようにしましょう。

そして、もしも強い副作用を感じたらとにかく病院で診てもらうことが大切です。

(Text:五十嵐)

いいね!と思ったら…

この記事を読んだ人はこんな商品にも興味があります

この記事と同じカテゴリの記事

お薬ボックスページトップへ